伊藤忠商事がデサントのTOBに成功!保有比率がついに40%超え

未分類

商社大手の伊藤忠がデサントの株式を40%以上取得したことを発表しました。

これによって、保有比率は3分の1を超えるので、重要な経営の意志決定に影響を与える権限を持つようになりました。

伊藤忠商事は15日、スポーツ用品大手のデサントに対するTOB(株式公開買い付け)の結果、株式保有比率が30.44%から40%に上昇すると発表した。保有比率は3分の1を超え、伊藤忠は他社との合併など経営上の重要事項に対する拒否権を確保した。敵対的なTOBが成功したことで、伊藤忠はデサントへの影響力を強め、経営陣の刷新を迫る。 

デサントは伊藤忠の株式取得に対して否定的でしたが、今回のTOB成功にあたり、株式市場も大きく反応しています。

本格的な敵対的TOBに発展するか?

デサント側は今回のTOBに対して公式見解を発表していません。

現時点では、後日見解を示すというコメントだけにとどまっております。

また、時事通信などによれば、以下のようにも報じています。

伊藤忠は1月末、デサントと事前協議せずにTOBを開始。同社経営陣は反対を表明し、労働組合も足並みをそろえ、敵対的TOBに発展した。和解に向けた話し合いも行われたが、歩み寄れないまま伊藤忠の勝利となった。 

いずれにしても、この2社の間には深い溝があるようで、今後もこれは埋まらないと思われます。

ネットの反応

韓国メインの経営スタイルの見直しを迫っている伊藤忠の圧勝。
これでデサントが従わなければ50%超えまで株式を保有していく事でしょう。

これは経営陣は退くべきなんじゃないかな?
この買収は大いに賛同します。
まあ、筆頭株主をないがしろにしたツケが回ってきてるんじゃないかな。自分も投資家の端くれですが、デサントのやり方を見てると明らかに株主に喧嘩売ってますからね。
まあ、そういう企業って多いですけどね。。。
だから自分は株より仮想通貨メインで
コインリーディングから情報貰いながら利益を出しているけど
お互い信頼関係が築けてないとビジネスとしては成立しないですよね。

この問題は非常にナイーブな問題だけど
伊藤忠はこれまで何度もデサント側と話し合った。
しかし現実は中々進展をせず此処に至る状態
まさに小田原評定になると思うし
やはり予想はしていたけど、決裂した。
デサントは韓国市場がある意味一番重要なメルクマール
これも今は好調かもしれないが現状見通しは厳しい
おそらくいくら協議したとしても、らちがあかない。
伊藤忠商事は妥協は許さない。ある意味筋は通した
今までの本音と建前の企業とは違う。言いたいことは言う。
明らかになったのは、デサントは韓国の方を見ていることは分かった。
伊藤忠は経営陣の刷新を訴えると思うけど
いずれにしても、どっちに転ぶにしても前途多難である。
伊藤忠が経営を握ればデサントは改革は出来ると思う。
少なくとも今の経営陣ではダメと踏み切ったのは大きい。

デサントは韓国方面重視でこれからもやりたい
というが、伊藤忠も説得しているように、現在
に至るまでの日韓関連報道からして早急に撤退
しないと、難癖つけられて足元みられてしまうよ。
伊藤忠に足元見られていると言われれば否定し
ないけど、一事業のみの意見と複数業種を一手
に扱う商社の意見だったら信憑性があると思わ
れるのは商社の方だよね。
デサントの好調が韓国でなければ伊藤忠もここ
まで言わなかった気がするけど、それにしても
デサント側も意地になっているからここからが
正念場でしょうね。

牛耳るのもいいけどコンバースの販売権手離してくれないかな。
日本のコンバースダサすぎます…

伊藤忠は中国市場推しだそうだけど
一年も伊藤忠社員が中国当局に拘束されているらしいね
あれは解決したのかな

この判断が正しいかはわからないが、伊藤忠からすればこれまで人手も金もつぎ込んできたんだから、言うこと聞けよってことでしょ。気持ちはわかります。

コメント