お金に関する知識をしっかりと身に着けておこう!

こんにちは!はじめましての人ははじめまして!
FP1級、公認会計士・税理士の高山です。

このブログでは、『お金に関する知識』を全般的に取り扱っていこうと思っています。

というのも、日本では昔から他国に比べてお金に関する教育というものがしっかりとなされて来ていないように思うんです。みなさんは、どこかお金を持っている人=悪い人のようなイメージを持っていませんでしょうか?悪い人とは言わないまでも、一般的にはお金に関する話って大人は皆避けますよね。

例えばお給料の話。これって大人は嫌がります。『どれくらいの収入があるの?』とか、『給料はどれくらい?』とかってきくと嫌がられますよね。こういうことを聞いてくる人は異端だと思われます。これってどうしてなのでしょうか?

日本人の美徳感覚というのは確かに素晴らしいと思いますが、お金に関しての美徳感覚は基本的に持たなくていいというのが個人的な持論です。ここまでグローバル化が進んだ現代では、日本のようなお金の話題を避ける教育を行っていては未来がないと思います。世界各国との競争で負けるのも、こういったお金に関する知識。いわゆるマネーリテラシーの部分で大きな差があるからだと思うのです。

ということで、前置きは長くなりましたが、このブログでは『マネーリテラシーをもっと高めるべきだ!!』という私の熱い気持ちを注ぎ込んでいくつもりです。コンテンツも、さまざまなものを扱いますが、基本的には経済や政治などを中心に扱っていきたいと思います。

日本は借金大国?それって本当?

なんか新聞とかを見ていると、日本は借金大国だからどうのこうのとか、このまま借金が増え続けたら国民1人あたり〇〇円の借金がどうのこうのっていう報道がたまにありますよね。こういうのが言われ始めて久しいですが、このような報道に惑わされてしまっている人はたくさんいます。

まず、日本の借金について理解して置かなければならないのは、国はどこからお金を借りているのか?ということです。国の借金は1秒間にこんだけ増えている!といって国民の恐怖心を煽りますが、それってどこがどこからお金を借りた借金なんでしょうか?

怖いのは、この単純な仕組みを新聞記者やテレビ局のキャスターですらしっかりと理解していないということなんです。これだから、その報道を見ている我々国民が間違った認識を持ってしまうのは仕方ありませんよね。

日本の借金は日本国民から借りているもの

ここがとても重要です。日本という国の借金はあくまでも日本国民から借りているお金なんですね。

よく、勘違いの多い著者が書いた本なんかには、『日本もこのまま行くとギリシャのようにデフォルトする』なんてことを書いてあるものがありますが、これは甚だおかしい話なんです。そもそも、日本という国は他の国からの借金に頭を悩ませてなんていないのですから。

もちろん、国外の国に借金はしていますよ?しかし、日本はその借金額よりも貸している学のほうがはるかに大きいので、プラマイで考えればむしろ大幅なプラスなわけです。これすらも知らない人が社説なんかを書いていることがあるのですから驚きですよね。

我々国民は、銀行にお金を預けています。その預けたお金というのは貯めているように感じる人も多いですが、実際には国に貸し付けているのと同義なんですね。

マネーリテラシーを身につけるためにはどうすればいいのか?

ここがこのブログでもっとも伝えたい本題です。世の中でお金のことに悩まないようにするためには、お金の知識、つまりマネーリテラシーを身につけることがとても大切です。

しかし、日本の義務教育のなかではこういった話は全く行われません。近年、小学校の高学年から英語教育が義務教育化されたということがニュースで報道され、話題になりましたが、個人的にはそんな英語教育よりも、お金の授業をもっとすべきだと思います。

世の中に出て、お金に苦労したり、多額の借金を抱えてしまうというのはとても悲しいことです。また、大きなお金を稼ぎたい!と思っても、会社に入って社畜のように働くことしか選択肢がないというのは非常に悲しいことなわけです。

お金の知識は実戦を積むことで養われる

結論から言えば、マネーリテラシーというのは実戦を積むことでしか養われません。いくら理屈をこね回したところで、どうにもならないというのがお金の知識なんですね。こういった部分が教育化を難しくさせていると思います。

ただ、海外などに習うと、小学校や中学校などから株式やFXなどの教育を導入することも大切だと感じます。海外では、小さい頃から投資に触れる機会がたくさんあります。というよりも、むしろ親が投資をやっていることが多いため、それにならって自然と身につくという方が正しいかもしれません。

日本では投資というとなんか怖いものというイメージを持っている人が多いですよね。でも、本当に大きなお金を稼ごうと思った場合や、お金持ちになろうとう思った場合には、どうしても投資に関する知識がないと厳しい場面が多々あるわけです。こういった状況になってから本格的に勉強をするというのでは、遅い場合が多いんですね。

ですので、若い内、できれば10代の前半ぐらいから本格的な経済やお金の知識について触れておくことが大切なんです。

借金をするのって悪いこと?日本人の危険な認識

借金という言葉をきいて、あなたはどのように感じますか?たぶん、多くの人は借金ときくと『嫌なもの』『苦しいもの』のようなイメージを持っていますよね。

では、ローンと聞くとどのようなイメージを持つでしょうか?きっと、多くの人は借金よりもいいイメージを持っているはずです。でも、この2つって何も違いがないんですよね。冷静に考えてみるとわかりますが、どちらも同じものなのに、言葉が変わった途端にイメージが変わってします。これは本当に恐ろしいことです。

ローンというと、自動車ローンや住宅ローンなど、さまざまなものがあります。これも実質は借金に変わりないのですが、大きな買い物をするときにはどうしてもお金が必要だということで、多くの人がこれらのサービスを利用しています。多くの人が利用しているから『いいもの』と認識するのは、日本人の大きな特徴です。

ただし、どこから借りても良いわけではない

借金って行きていく上では必要不可欠なものです。無理に手持ちの現金だけでやっていこうとすると、逆に生活が困窮する恐れがあります。そのため、基本的には借金はすべきものだと思っています。

ただ、そうはいってもどこから借りても良いわけではありません。お金をかりるときには、しっかりとした下調べをして、正しいところから借りないと痛い目を見てしまいます。

例えば、お金を借りようと思ったとき、知人や友人などから借りるのはやめておきましょう。こういうのは非常に危険で、最悪の場合、人間関係の破綻につながります。

仲の良い友人や近い親族の場合には、無利息でお金を借りることも可能かもしれません。これを考えると、銀行や消費者金融を利用するよりもメリットは大きそうに思えます。しかし、少しでも返済が遅れたり、返せなくなった場合には相手からの信頼を失い、人間関係のトラブルに発展する可能性が極めて高いといえます。今まで培ってきた大切な人間関係を破綻させないためにも、お金を借りるときには専門機関から借りるのがおすすめです。

出典:今すぐお金借りたい

総量規制に関する基本的な知識

総量規制と申しますのは、並外れた借入を未然に防いで、私たちを守ってくれるものになるわけですが、「総量規制に引っ掛かる場合、二度とローンを組めなくなる」という決まりはありません。
おまとめローンを組む狙いは、高金利の金融機関から低金利の金融機関に移行することで、月ごとの返済額を減らすのは勿論、支払総額の減額を具体化するということだと考えます。
カードローンの借り換えの1番の長所は、もちろん利子を減らせることです。基本的に一回契約したカードローンの貸付利息は、契約半ばではなかなか下げてくれません。
予想外のお金が入り用になったという時に、特に大切だと言えるのがキャッシュを入手するまでの時間だというのに異論はないでしょう。新規に借入を申請しようという人であれば、年間総収入の3分の1より多い融資を受けるはずはないでしょうから、スタートラインで総量規制の壁に行き当たることもないはずです。

借り換えに関する知識

カードローンの借り換えをするときは、当然低金利な金融会社を選択する必要があります。時間と労力をかけて借り換えたものの、これまでのカードローンの借り入れ金利とほぼ変わらないのでは無意味です。カードローンの審査で見るところは、安定的な収入があるかどうかです。審査は毎年少しずつ厳しくなる傾向にあり、正社員でない人などは審査を通過できないケースが多いようです。
カードローンの借り換えを実行した際に多いのが、多重債務を一本化した安心感から、なお一層借りまくってしまい、結局負担が倍増してしまったというケースなのです。お得なおまとめローンの企図するところは、複数ある借入金をひとつにまとめ、お得な低金利のローンに借り換えをすることにより返済の負担を軽くすることなのですから、その点を考慮した金融業者選びをすることが重要なポイントとなります。低金利で人気のおまとめローンを1つに絞る時は、重視すべきファクターがあるのです。それと言いますのは、上限金利が低くなっているということなのです。20万とか30万とかの借入金の場合、上限金利で計算されると決定しているからです。

大手がこぞって導入する即日融資について

キャッシングの人気サービスである即日融資につきまして、優良な会社の案内やお金を手にするまでの順序、返済をする際の留意点などを初心者の方でもわかりやすいよう書き連ねてみました。
自家用車を買うなど、使用目的が定められている目的別ローンは、金利の点で言えばフリーローンと比べて低金利であるので、利用者も多いようです。
融資サービスがあっても、銀行は「貸金業者」とは違い、貸金業者と同じ様なことをしようとも「銀行」ですから、貸金業法対象事業者から外れます。一言で言えば、銀行のカードローンは総量規制を気に掛ける必要がないということです。